Monthly Archives: November 2014

自宅旅行

 今年の感謝祭は、日系アメリカ人家族と食事をする為、友達が日系の親戚の家に招待してくれた。暖かくて友好的な雰囲気の中で、四時間半に渡って、食べたり話したり笑ったりして楽しめた。そこでの共通言語は英語であったが、どうやら、私は大体日本語で話すことになった。恐らく、彼らにとって、日本語を完全に習得するのは面倒ではあっても、祖先の遺産の一部であるので興味があって、ぺらぺらと話す白人が現れると興味深くなるのかもしれない。  そのパーティーでは、日本で生まれた唯一の人とよく話すことになった。私は会話の最初に「オアフ島に五年位住んでいて、その間、ずっと日本語を勉強してきました。五年間で、こんなレベルの日本語を習得しました」と言った。  しばらくして、彼女は「日本にどのぐらい住みましたっけ?五年間ね?」と聞き返してきた。  「日本にいったことはないです。」と答えると、彼女は、戸惑っているように見えた。そこで、私は、自分の履歴や経緯をできるだけ明らかにしようとして、「日本に住んだことも、旅行したことも、出張したこともありません。」と丁寧に説明した。  私の説明を聞いて、彼女は、ますます私に興味を持ったようだ。「一体どうやってこの白人はこうなっているんだ」と考えていたのでしょう。  日本生まれのその人は、その後、娘さんについて話し始めた。彼女の娘さんは、福井県に25年住んでいて、現在、英語クラスの教授として大学で働いているということだった。彼女は、「自分の娘より、貴方の方が日本語が上手」と誉めてくれた。娘さんは、日常の会話は問題なくできるが、難しい話題になるとついていけなくなるそうだ。一方、私は難しい話題ができるばかりか、そんな話題が好きなのである。私は、「不思議だなぁ」と思った。  最近、もう一つの不思議な事があった。日本人の友達は、「日本のことを愛してくれてありがとうございます」と言ったのである。  最初は喜んだが、その後、反省させられた。日本に行ったことがないのに愛しているのか。それでは、有る物を愛するのに何が必要なのか。私が今までやってきたことは、大体、自分の部屋に座って、読んだり、コンピュータの画面に映っている情報に対応したりするだけであり、故に日本や日本人ではなくて、目の前の物だけを愛していると言えるのではないだろうか。  そんな摩訶不思議な運命から救ってくれるのは、友達の言葉の中の「こと」である。日本の「こと」を愛すると言う時、実は、本物ではなくて、それとの関係があることを愛するのではなかろうか。北海道や東京は、やはり「日本の事」という範疇にはまっているが、私の目の前のものも日本と関わっているので、それも同じく日本の事にしよう。私までもが日本の事だろうか。そう思えば、どんなものでも日本の事になる。  我々が漂流するこの世界は、人間に見られ、解釈された後、意義を持ち始める。目の前の世界を実際に歩いて見て、初めてそれを知るというのは勘違いだろう。正確に言えば、我々は、自分の立場から他人の意見や知識を考えて賛成するか、僅かに調整するかという過程を通して、その特質を定める。  例えば、誘拐されて、犯人からなんとなく逃げて、まったく見ず知らずの景色に直面させられることにする。その場合、目の前の景色は探検し甲斐がなかろう。寧ろ、別の人、或いは、地図などという人工物を参考にする。それらは、環境にどのような価値があるかを定めるものだからである。  人が、「ここはニホンだ」と言えば、「ニホン」になる。「アメリカだ」と言えば、「アメリカ」になる。その環境は、初めて人間に見えて、人間から名前を得る前は、何でもなかったのだ。  と云う訳で、愛している目の前のものを含有するこの部屋も、日本であることにしよう。まぁ、なるほどね。実は、私、日本に行った事がある。 Advertisements

Posted in Daily Sketch | 1 Comment

韓式ふりかけは台湾製

日本やハワイにお住まいの方にとってはおそらく既におなじみで、写真をお見せするのも気がひけるのですが、先日、アジア食料品店で買った海苔のふりかけの外装を読んでへーとおどろきました。韓式とありますので辛味であることは納得できますが、台湾製との表示を見たのは今回が初めてです。 アジア食品店には月に一度の割合で行くのですが,行く度に何か新しい物が目につき、買わない製品棚もついじっくり眺めて回ります。

Posted in Daily Sketch | Leave a comment

Collaborative Haiku

Fuji mountain as we come from the station greeting us In the town of Zengyo, when emerging from steps at the train station, Mt. Fuji is directly ahead. Late in the afternoon, throngs of people return from work. It’s as … Continue reading

Posted in Haiku Poem | Leave a comment

Collaborative Haiku

Mt. Fuji seeing me off before work When the air is clear, Mt. Fuji can be seen in sharp relief from the town of Zengyo. In the morning, people scurry off to the station with Fuji at their backs. It’s … Continue reading

Posted in Haiku Poem | Leave a comment

リハビリと介護

今日は、言語聴覚士である彩さんに誘われて、リハビリの医療従事者たちが開く催し物を見る為に、辻堂へ行ってきました。もし病気や事故などで不自由な環境になっても、治療器具や用品は、私としては楽しさのあるものも大切です。治すという機能本位だけでなく、遊び心も加味されたものに興味を引かれました。 この足踏み式車椅子は28万円です。室内用と屋外用があるそうです。 ターンに多少の練習が必要ですが、小回りが効いて外出が楽しくなりそうです。 このスプーンはギザギザにうまく麺類がひっかかってくれるでしょうか?口に中に入れた時の感触は? 機会があればいろいろなスプーンで実験してみたいと思います。

Posted in Daily Sketch | Leave a comment

Thanks Giving

This Thanks Giving left as quick as it came, but has had lasting affects on me; mostly my stomach. I ate so much that my stomach hurt for a good while. But the food was so good that I just … Continue reading

Posted in Daily Sketch | Leave a comment

私も日本人だと感じてきたこと…

 母国語の英語よりも、日本語が好きになってきました。しかし、私も日本人だと感じてきたことにも関わらず、いつまでもそういう印象を他人に与えられない。日本人になること、即ち自分の正体を変えることは、まるで思い描けないほど美しい女に口説かれるという不可能性の様である。正体を定める力は、本人ではなくて、他人にあるのです。従って、日本語を身に着けるとともに、手に入れられない事の切実な憧れもどんどん込み上げて行く。

Posted in Daily Sketch | 2 Comments