Monthly Archives: July 2003

げきちん

■2003/07/29 (火)

約10時間寝たため、頭痛からも回復し、早めに学校にいって
昨日できなかった分を取り戻す。しかしやる量が膨大なため
間に合うはずもなく、10:30からのリハ医学試験で得あえなくKO。

みごと撃沈した。結果が怖いぜ。。

Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

謎の

■2003/07/28 (月)

夕方から頭痛がしだした。
後頭部の重い頭痛に吐き気も加わり、最悪の状態。

今日はもう早く寝ます。。
明日は難関のリハ医学の試験があるっていうのに。。

Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

住吉花火大会

■2003/07/27 (日)

住吉とはいっても大阪の住吉ではなく、尾道である花火大会の名称。
この地域では一番多い13000発の花火が見られるらしい。

朝からずっと学校でしこしこテスト勉強していたので、気分転換にと
相方をつれて行くことに。

どこかよい花火スポットはないかと千光寺への坂を登り、そして見晴らしの
良いところをみつけようとしたがやはり良い場所は押えられていた。

打ち上げ時間も約2時間と長いので、千光寺から花火をながめつつ、
徐々に下る。そしてあがるたびに足を止める。

いろいろな花火があがる中、やはりクライマックスは壮観!
しか海に一番近いところまで降りてきていたので、露店に見物客にもまれながらも
ド迫力でクライマックスを見ることが出来て鳥肌モンです!!

来年はもっと良い場所を早めにキープして見るぞ!!
尾道という情緒あふれるまちであるので、淀川花火大会とはまた違ったよさで、
まじおすすめです。

Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

むむ

■2003/07/25 (金)

またまた1週間空いてしまった。。
心に余裕のできる日はあるのか。。
すんません、いっぱいいっぱいで。

実習も予定通り終らず、テスト期間中にモロかぶってます。
気張り時です。

Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

Violin弾きのお美っちゃん~36

時計は時計でも……



 ハワイは本格的な夏になってきた。といっても、夏場のホノルルの平均気温はだいたい26度くらいだから「にっぽんのうだる夏」とはずいぶん違う。太陽の日差しは強烈でも、からっとした風が吹き抜ける。

 夏の楽しみはスイカ。今年、日本のテレビニュースで、初めて四角いスイカを見た。スイカは贈答品として同じサイズの箱に納められていた。冷蔵庫に入りやすいようにと改良されたそうだが、切ってお皿に乗せられるすいかはどんな格好なのだろう。 Continue reading

Posted in Story - FiddlerMi 1

カレー三昧

■2003/07/18 (金)

このタイトルを書いて、昔あったインスタントラーメン「中華三昧」を思い出した。。

ひさびさにカレー三昧の日々を過ごした。
昨日の夜にカレーを大量に作ったので今日の朝昼兼用にもう1食、
そして夜にはそのるぅでカレーうどんに。

さすがに3食連続は・・・・
とおもいきやまだまだいけるでぇぇぇぇっ!!!!

Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

Physical Examination for A New School or Semester

 新学期の健康診断


(ハワイパシフィックプレス掲載)

 

Continue reading

Posted in Norman Sketch

えんちょー

■2003/07/15 (火)

実習の患者さんの体調が思わしくなく、2週連続でキャンセル。
よって実習期間も自動的に延長され8月4日まで。
もろ後期テスト週間にかぶっているのでテスト勉強ができん。。(-ロ-;)

もちろん患者さんのせいではない。カリキュラムが悪いのだ!
これも試練なのか。。

Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

不快

■2003/07/12 (土)

雨の中、チャリで買物にフジまで。
食糧などを買い込み帰ろうとしたら、
さらに凄いドシャブリ。傘の意味もなく、
かえったらビショビショ。ムカツク(–;)

Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

Dr. Yoko Kelley のネブラスカ便り 6

 ♪ 蛍の宿は川端柳・・・ ♪ と歌い、日本では時節的にも稲が青く育つ頃なので、自然に蛍と水田とを結びつけて考えていました。それで、アメリカ北部中央平原にある家の庭さきに、がそれも一匹二匹ではなくたくさん飛び回っているのを見た時は、驚くと同時に大変嬉しく、毎夏の楽しみのひとつになりました。

 光る部分から察するに日本でみる蛍より大きく、また、川面や稲穂すれすれに飛ぶのでなく、上へ上へと時には屋根よりも高く舞いあがるところが違っています。

 7月4日の独立記念日の夕方は、近所の子供たちの(おとなたちも)打ち挙げる花火と互角の戦いでした。加えて、たまたま嵐が近ずきつつあるため、雲間には稲光が走り、見わたすかぎりの光の競演をたのしむことができました。


(ハワイパシフィックプレス連載)

Continue reading

Posted in Nebraska便り