秦野の街歩き

先週の土曜日(12月3日)、秦野に行ってきました。
ジムさんが、昔、経営していたダイビングショップを見た後、
秦野に住む川崎知容(ともかた)さんの案内で、
秦野駅から、南の方面を歩きました。
いろいろな話をしながら歩き、素敵な出会いもありました。
震生湖(しんせいこ)への道は、素晴らしい眺めでしたし、
ピーナッツを90年間作っている店では、落花生を買いました。
この日、私達は、秦野の街を、18000歩、歩きました!!
We went to Hadano-city last Saturday, (December 3, 2016 – Japan time). At first, we saw Jim-san’s former diving shop near Hadano station, then we started to walk toward to Lake Shinsei (Shinseiko) which is a beautiful place. Tomokata-san lives in Hadano, so he led us the way and we walked up a gentle small hill of the town. We enjoyed seeing small animals, and we talked with nice people at shops. Thank you very much!
Hadano, Hadano-city

秦野の震生湖

「震生湖(しんせいこ)は、1923年(大正12年)9月1日の関東大震災の時、渋沢丘陵の一部が崩落し、その土砂が谷川をせき止めてできた自然湖です。」と、入り口の案内板に書いていました。静かな森に囲まれた小さな湖で、趣のある素晴らしい佇まいでした。
写真家の川崎知容(ともかた)さんが、
素敵な写真をたくさん撮ってくれました。
Lake Shinsei (Shiseiko) was born naturally because of the Great Kanto Earthquake of 1923. This lake was surrounded by a quiet small forest, which was very peaceful and picturesque!
– Photo by Tomokata Kawasaki
Lake Shinsei (Shinseiko), Hadano-city

外歩きミーティング

キショールさんとのプロジェクトのあと、私達は、
藤沢駅で、サムさんとエリーちゃんと、待ち合わせました。
人混みの中を歩いてくるサムさんの赤い帽子が目立ちました!
私達は賑やかに話しながら、新林公園へ紅葉を見に行きました。
We went to Fujsiawa station and met Sam & Elly. Sam-san’s red wool hat was noticeable! I like it. While walking, we were all energetic to talk, and Kishore-san and Sam-san were excited watching red Japanese maple leaves at Shinbayashi park…hahaha!
Fujisawa, Fujisawa-city

Palさんとのプロジェクト

今日は、キショールさんが善行に来ました。
日本語で話すことに、だんだん自信を持ってきています。
同じ間違いをしても、繰り返し、注意をしてあげると、
キショールさんは、笑いながら、すぐに直します~(笑)
昨日、最終電車に乗り遅れて寝不足だったそうですが、
熱心に真摯な姿勢で、日本語を学んでいました。
Kishore-san came to Zengyo today. We talked and I checked his Japanese as well. I think he is enjoying to speak Japanese even when he corrects any mistakes…hahaha! Kishore-san missed the last train yesterday, so he was sleepy a little today, but he was eager to speak in good Japanese!
Zengyo, Fujisawa-city

Jimさんの第二の故郷秦野

Jimさんの第二の故郷秦野
ジムさんの だい2の ふるさと はだの

秦野に住む川崎知容(ともかた)さんと、住所を頼りに、
ジムさんが経営していたダイビングショップを見にいきました。
建物は、駅から3分位の所にありました。
ビルの向かいにあるお店で、ジムさんのことを尋ねました。
店のオーナーは、渡辺としよさんという方で、
ジムさん夫妻のことをよく覚えていらっしゃいました。
渡辺さんは、30年前、小学生でしたが、
ジムさんの店によく遊びに行ったそうです。
ジムさんは仕事が終わると、いつもビルの裏で、
ダイビングの道具を洗って干していたそうです。
私は、ナコスのブログとフェイスブックを見てもらいました。
としよさんは、「ジムさん、昔と同じ顔です。懐かしいです!!」
と、うれしそうにおっしゃいました。
ジムさんは、ミシガンからハワイ、ハワイから秦野に、
人との素晴らしい出会いがいつまでも続いていきます。
We went to Hadano-city. At Hadano station, we met Tomokata-san who lives in Hadano. Then, we went to see a shop where Jim & his wife was running scuba diving shop about 30 years ago. Jim-san gave us the address, so it was easy for us to find it. And we met Watanabe-san who is an owner of a cloths store across from Jim-san’s shop. She was surprised and said, “I remember Jim-san!!”. Watanabe-san was about 10 years old at that time when Jim-san lived in Hadano. She always visited Jim’s shop, and she talked to Jim-san while he was working! And then, I showed NACOS blog chanomitalk.com and my Facebook page to Watanabe-san. She said, “Oh, Jim-san looks the same as 30 years ago! I’m so glad to see his picture and his Haiku Poem!!” We all had a wonderful time!
Hadano, Hadano-city

お正月の歌です。

もういくつ寝ると お正月
お正月には 凧あげて
独楽を回して遊びましょう
早く来い来い お正月

もういくつ ねると おしょうがつ
おしょうがつには たこあげて
こまをまわして あそびましょう
はやく こいこい おしょうがつ

This is a children’s song. We sang this song when we were little, “How many more nights are there before New Year’s Day?”
もう 31にち ねると おしょうがつ – by Michiko

Palさんとのプロジェクト

今日は、キショールさんが会社のあと善行に来ました。
そして、日本語の発音をチェックして直してあげました。
キショールさんは決して諦めず、熱心に努力を続けています。
バングラデシュの強いアクセントが直ってきました!
Today, Kishore-san came to Zengyo after work from his office directly. I continue checking and correcting his Japanese. He never give up, and learning diligently. Kishore-san is improving!
Zengyo, Fujisawa-city

weaving language into your life