Monthly Archives: September 2001

わかもん

■2001/09/30 (日)

夜のバイトをしていると、午前3時だというのにノーヘル2ケツの
バカどもが店に来ることがある。カップラーメンやおでんを買い、
駐車場で食べたあげく、ゴミ箱に捨てること無くほったらかしで帰って行く。
この間も真夜中に大声で話をしていて、苦情が入り、「はよ帰れ」と言わせる始末。
どういう教育をしているのか本当に常識の無いバカばっかりである。(–)

Continue reading

Advertisements
Posted in Uncategorized | Leave a comment

とんぼ

■2001/09/29 (土)

ハーモニー部の練習が終わり、みんなで私の新歓をおくればせながら
とりおこなって頂き、そのあと1年生の仲間3人でカラオケに行った。
目的は学祭の男性陣の発表曲を決めるため。

やはりハモリがなければ、と思いつつかつ歌いやすい曲を
散々探した結果、ナガプチ剛の「とむぼ」に決定。

女性陣におくれているだけあって、練習を積まねば!

Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

てすと

■2001/09/28 (金)

前期のテストの最後の残り1科目が10月4日にあるので
図書館で今日はおべむきょう。。
久ぶりにやるとなんか調子が良い。

あと近くのホームセンターがリニュウアルオープンをしていたので
みにいった。きれいで見やすくなっているけど、なんかコーナンみたい。。
そのなかで黒いスダレ型をしたブラインドを発見。
debleの部屋の「和」化計画にぴったりの逸品を見つけました。¥880なり。

Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

ハーモニ~

■2001/09/27 (木)

実はdeble、何をかくそう、ハーモニー部なるものに所属している。
11月の学園祭に向けて「OH HAPPY DAY」の練習中。
ハモリが決まるとかなりうれしい。これから猛特訓が始まる模様。
おそらく今日は19時頃までやるかな!

Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

2001/09/26 (水)

いきなり下な題名で失礼しました。

実は7年ぶりに、ふんじゃいました。「unko」!!
いつのまにふんだのかも分からず、なんか臭いなぁと
思ってたら足元だった。。

駅前のベンチで必死にツマヨウジをつかって格闘していた
自分が情けなかった。。。(–;)

Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

うーん。確かに先生はずっと通訳の人に話しかけています。

 
 今日から学校が始まりました。今、パソコンの教室にいます。教授が、外国の人に、この学校の情報科学の指導について説明している様子です。

 その先生は英語ができないので通訳の人が一人います。 うーん。確かに先生はずっと通訳の人に話しかけています。たまに、チラっと本人(外国の人)を見る程度です。セントフランシスホスピスに行った時、マイケルさんの言っていたことがよくわかります。

 亜希さんからこの感想を頂いて安堵しました。ナコスの研修、医療現場見学では、通訳を使わない方針を選んだからです。正解だったと思っていますã Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

高新柳壇2001年9月22日


 
 
 
連れ合いの影に納まる私です
 
つれあいのかげにおさまるわたしです
 
 
「評」
 
男女同権・平等が日本国憲法にうたわれて半世紀が過ぎたが、まだまだ「三従の掟(おきて)」が美徳といsて生きているのであろう。夫を立てながら、明るくそして謙虚に生きている妻の動作が日常生活の中に溶け込んでいる。
 
 
The wife in the comic walks three steps behind her husband, giving the appearance of humility, but actually, she stays behind him out of convenience–she wants to avoid the wind. This reflects the idea that Japanese wives may outwardly appear humble and submissive, while in reality, they are the ones in control. It is from behind that they "run the show." It is the wife who manages a Japanese household, right down to the pocketbook. When a Japanese husband needs money, he goes to his wife. In short, although outward appearances have lead to the popular belief that Japanese men are dominant and controlling over their wives, in actuality, it is possible that the Japanese wife may, in fact, hold more control than an American wife. Continue reading

Posted in Haiku Poem | Leave a comment