Author Archives: YokoKelley

ネブラスカ便り

Collaborative Haiku Poem – 鳥の水浴び bathing birds sparkling particles of light early summer garden (Yoko version) 水浴びや羽ばたき響く初夏の庭 みずあびや はばたき ひびく しょか の にわ (Michiko version) 水遊び羽音も光る初夏の庭 みずあそび はおと も ひかる しょか の にわ When the temperature begins to climb, the saucer filled with water … Continue reading

Posted in Haiku Poem | Leave a comment

katy did, katy didn’t

或る夕方、ガラス戸のすぐ脇に鮮やかな若草色の葉っぱがくっついているのに目が留まりました。 10月に入った秋口だというのに若草色は少々季節外れではと近ずいてみると、それは葉っぱではなくkatydidと呼ばれる昆虫でした。 こおろぎの一種で、羽をすりあわせる音が katy did, katy didn’tと聞こえるところからこの名前がついたそうです。 アメリカ大陸北半球の主として南部に広く分布するとのことですが、実際に見たのはこれがはじめてです。

Posted in Daily Sketch | Leave a comment

黒胡椒とビスコッチ

料理に黒胡椒が必要な時、少量ならば胡椒が入っているミル(grinder)を数回まわせば用が足りますが、小匙4分の一以上の分量をミルで挽くとなるとかなりの力が必要となり、つい少な目の胡椒ですませがちです。テレビの料理番組ではクック(chef)さんたちは皆容器にいっぱい入っている胡椒を惜しげもなく使っています。その秘密を知りたいと思っていましたら、或る料理番組で、コップ半分程の胡椒粒をコーヒーミルでと砕けばよいとの説明がありました。なるほどと、それ以来コーヒーミルのお世話になっています。 先日、テレビで、黒胡椒を惜しげもなく使えるようになったのは近来のことで、それもブラジルに移住した日本人の力あってのことと知り驚きました。ブラジル移住の日本人は最初野菜を栽培していたのですが、アマゾン川を船で遠い町まで輸送すると着いた頃には野菜は売れる状態ではなくなっていました。その後、第二次世界大戦があったりと数々の苦労の末、胡椒生産にたどり着いたとのことです。ブラジルの地は胡椒生産にあっていて、世界中に輸出するようになりました。このテレビ番組では、日系人が農場でブラジルの緑化(reforestation)にも尽力している事実を伝えていました。 黒胡椒にちなむ話に心を打たれていたところで、黒胡椒とパルメザンチーズのビスコッチ(Parmesan and black pepper biscotti)というレシピーが目にとまりましたので早速作ってみました。甘みをぐっと控えたビスコッチで、なかなか結構なお味です。

Posted in Daily Sketch | Leave a comment

ネブ柳

高々とオクラは立ちぬ秋の空  たかだかとオクラはたちぬあきのそら okra stands tall against autumn sky 毎年オクラを育てていますが、今年は雨が多かったせいかぐんぐん大きくなり、そのうえ例年ならばとうに終わっている9月に入った今でも花が咲き実がなっています。実は私の背丈よりはるかに高く、切り取るのは一仕事です。

Posted in Haiku Poem | Leave a comment

数で勝負のラスベリー Raspberry. . .Quantity, that’s what counts.

庭でなるラスベリー(木いちご)は店で売っているそれに比べるとまことに小さいのですが、超新鮮なためか冷蔵庫で数日貯めておく事ができます。 かなり貯まったので今日ジャムを作ってみましたら、カップ6杯分ありました。 ラスベリーの木は剪定したり、肥料をやれば、おそらくもっと大きな実がなるのでしょうが、なんとなく自然のままに茂るにまかせています。 まるはな蜂の好物らしく蜜集めに余念がありません(まるはな蜂は黒に黄色の縞模様のある蜂で、丸々と太って見えます)。なんだかお裾分けをもらっているような気がします。 Raspberries I harvest from our yard are much smaller than ones you buy at the store, but because they are super-fresh, I can store them in the refrigerator for several days. Now that I have enough, … Continue reading

Posted in Daily Sketch | Leave a comment

揚羽蝶の幼虫

写真には6匹の幼虫が見えますが、枠外にもう2匹います。 これら8匹が無事越冬し、来年、美しい揚羽蝶となってお目見えするよう祈っています。 昨年、世界的に蝶々や蜜蜂の数が減少している、各個人で昆虫に食べ物を提供しよう、という記事を読んで以来、庭にバタフラウブッシュや、幼虫の好物のパセリを植えています(ちなみに、イタリアパセリ flat-leaf parsley はお好みではないようです)。 気がかりなのは、今年は揚羽蝶の数が昨年よりも少ないことで、昨冬の記録的な寒さだけがその原因であればいいのですが。

Posted in Daily Sketch | Leave a comment

線香

ネブ柳 線香の煙ゆらゆら早や葉月 せんこうのけむりゆらゆらはやはずき august month of leaves smoke of incense drifts ここ二月余り、毎朝仏壇で炊いているお線香は40年前(1975年)沖縄で開催された海洋博(正式名称は沖縄国際海洋博覧会だと思います)で買ったものです。皆、中国製で30センチと長いので半分に折って使います。それまで使っていた日本香堂製の毎日香をネットで注文したのですが、日本から米国に到着するのに1、2ヶ月かかるとのこと。どうやら、私の注文はうやむやになってしまったようです。待っている間に、ひょっと、海洋博で線香を買ったことを思い出し、探してみると思った以上の沢山の線香が引き出しから出てきて大喜びしました。聞くところによると、中国は変革著しいとのこと、40年前の線香をみて驚くのではと想像しています。

Posted in Daily Sketch | Leave a comment