Monthly Archives: October 2005

コスモス畑


  
ウチの寮の近くにコスモス畑があります。大学の友達が遊びに来てくれたので4人で行ってきました。ちょうど見頃で、めちゃんこきれいでした。

日曜日ということもあって、家族でたくさん遊びに来てました。
微笑ましい光景だぁなぁ。

きれいだねぇ。
更に…
黄色やオレンジ色のコスモスも咲いていました。

Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

社交ダンス

 
 私の通っているプナホウでは、中学2年生になると年に5回、社交ダンスの催しがあります。 学校は共学で、中学2年生は、約90人います。 男の子と女の子が半々です。最近では、10月下旬にありました。

 午後6時から7時まで、学校のバスケットボールのコートにテーブルを並べ、そこに、韓国料理や日本料理が用意されます。 私達は、両親と共に食事をし、食事が済むと、両親は、一旦、家に帰ります。 そして、7時から9時までダンスです。

 はじめに、グループダンス、その次に、ヒップポップダンスをしました。 その後で、トランプとバレーボールを楽しみました。 終わり近くに、ペアダンスをしました。 女の子が、男の子に、"Will you dance with me?" と言います。 女の子にダンスのパートナーを頼まれない男の子がたくさんいます! 私は、好きな女の子に、"Will you dance with me?" と言ってもらえました。 私は、"Sure" と言って踊りました。 とても楽しかったです! Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

休日はお見舞いと散歩

 
今日は親戚のおじさんが近くの病院に入院しているということで、
お見舞いに行ってきました。

親からのアドバイスで、果物を買い、お見舞金も封筒に入れて準備して、さて出発。
市立I田病院へGOです。

4月に会った時よりもはるかに痩せていました。
激痛と高熱に抗生物質をたくさん投与し、今度は腎臓が悲鳴を上げてしまったとのことで…。
何とも上手くいかないものです。
それでも会話ができるようになり、リハビリで次第に歩けるようにもなっているようで、よかったと思いました。

「早くよくなり退院できますように。」と願いながら、病室をあとにしました。 Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

食事中の方、申し訳ない

 
下↓の日記とはガラリと変わり、現実の世界へ。

深夜勤だぁ。

めちゃウンのいい勤務。

患者さんたち、失禁しすぎよ!!(T○T)
こっちも下痢、あっちも下痢、下痢下痢下痢。。。おしっこ大洪水。
(食事中の人ホンマごめんよ…)

いったい何人のおむつ交換をしたんだ。。

患者さんの排便コントロール難しいなぁ。

Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

そら

 

深夜勤でした。
10時半に家を出て、病院まで運転して、駐車場止めて、車出て、ふと上を向いたら、

夜の空が広がってた。

途切れ途切れの雲の隙間から
月の光が漏れてて
その光が空を真っ黒から少し青く澄明にさせてた。
すこーしずつ雲が動いてる。

仕事行かなくちゃいけないけど、もったいなくて、少しの間車の隣でポカーンて上向いてた。
「あぁ、時が止まるって表現はこういうときに使うんだな。」と思った。

騒がしい道路脇の駐車場の中で、不思議と「無音」を味わった。

心がスーーとした。 Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

くせになる…におい

 

かなり自己満足なことを書こうとしてます。
読む前に言っとくけど、全然興味わかないと思うよ( ̄△ ̄)
さらりと読み流してや。

ウチ、どうやら 「におい」 にかなり癒されるらしい。
「匂い」なのか「臭い」(汗)なのか、定かでないけど。
とりあえず、香水の匂いとかではない。(←むしろ鼻炎誘発)

北海道で買った松の香りのろうそくを毎日テーブルにおいてます。
時々鼻近づけて思いっきり…嗅ぐ!
めちゃエエにおいやぁ(´ーヽ)とろーん。

ホームセンターに行くと必ず木材売り場に足が向いてしまう。 Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

準夜勤後は目が冴えますな。

 

「何書こうか」20分悩んだけど、文章にできるネタと気力と心がないようなので大人しく寝ます。

おやすみなさい。

寝られるかな。
まぁ、寝られるんだろうな、どーせ。
図太い私だから。

………。

…………。

無表情。

Continue reading

Posted in Uncategorized | Leave a comment

Inspiration

I often wonder what mark I will leave on this world, if any.  Many people have lived without a memorable trace of their existence. This is not to say that these same people have not made a difference in the world we inhabit today.  We often get lost in the mass media, the crowds of people, and the loudness of things around us.  It is often said that it is hard to see the forest in the trees.  The opposite is also true.  How can I, just one tree, be noticed in this forest of plenty?

Trees bring to mind, the name Wangari Maathai. The forests in her country were in danger of being vanquished due to logging and other illegal activities.  Without the trees, women had to travel fifteen miles each way to get firewood.  And the river, once pristine, had now become a muddy flow. Her idea was simple.  Plant a tree for every tree taken.  With no hopes, other than to try and restore some of the beauty of the town she remembered in childhood, she planted the seeds for social change.  This woman, with a modest idea, became a Nobel Peace Prize winner.  And from people like her, I draw inspiration.  Tiny seeds can become large trees.  And simple ideas can Continue reading

Posted in Daily Sketch | Leave a comment

Dr. Yoko Kelley のネブラスカ便り 32

 霧の町といえば海国イギリスのロンドンですし、霧笛といえば沖合いを航行する船と、霧は海と深い縁がありますが、大陸の真ん中でも気象条件さえ揃えば霧が発生します。

 すなわち、空気中の水分量が高く、日没後温度が低下する場合です。濃霧の中を車を運転した経験が2回有りますが、どちらも運転していて神経をつかいました。

 一回目のときは無風状態の夜間で、2回目は強い向かい風の吹く早朝でした。

  一回目の霧はたいへんに濃く、まるでミルクシェーキで出来たトンネルの中に入ったようでした。車外の景色が移動しないと、車が走っているという感覚が失わ れ、催眠にかかった気分になります。前を走る車のテールランプを唯一の手がかりにして、霧のトンネルを出るまで、ひたすら眠気と戦いました。

 2回目の時は高速道路を走っていたのですが、霧が向かい風に乗って、空を流れる千切れ雲のごとく、払っても払っても視野をさえぎって、これまた難儀でした。

 ちなみに、日本語では同じ現象を、春は霞(かすみ)、秋は霧(きり)と呼び分けますが、この習慣は平安時代以降にはじまっています。どうやら、筆記文化の起こりと関係がありそうです。  (2005年10月15日)


(ハワイパシフィックプレス連載)

 

Continue reading

Posted in Nebraska便り | Leave a comment

Season of natural disaster

 災害の季節


(ハワイパシフィックプレス掲載)

Continue reading

Posted in Norman Sketch | Leave a comment