学会in松山2

■2004/05/23 (日)

昨日から疲れで、9時まで爆睡したdebleは、10時45分からの

イギリスの教授による特別講演から参加した。

中身は治療訓練効果に関することで、かなり目からウロコだった。

昼食をはさみ、昼からはメインイベントの養老孟司氏による

特別講演「脳とコミュニケーション」をとなりの松山大学大講堂で聴く。

軽妙でテンポのよいトークでわれわれ聴衆者をひきつける!

印象に残ったことばは、

「最近、ことばが情報社会に大量に存在するために軽く見られているが、

それは間違いだ。ことばというものは変化するものではなく、それ自体は

何も変わらない。変わるのは、そのことばをさまざまに受け取っている私たち

人間のほうだ。本来ことばというものはずっと重く、しっかりと受け止め

なくてはならないものなのだ」というもの。

含蓄のあることばである。講演を聴けて良かった!

帰りも同じルートでバイクを快走!今治~三原が通行料+フェリー代で

合計840円!安い!しまなみの写真も撮ったのでまたUPします!

This entry was posted in Uncategorized. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s