Haiku Poem – 障害物レース

body stuck
cold muddy mochi
final victory

(Ben version)
泥の餅ころげて走る目的地
どろ の もち ころげて はしる もくてきち

餅似てる泥を通過し努力賞
もち にてる どろ を つうか し どりょくしょう

(Michiko version)
泥まみれ難関突破ゴールイン
どろ まみれ なんか んとっぱ ゴールイン

泥だらけコースを走り大勝利
どろ だらけ コース を はしり だいしょうり

On a cold day in the middle of May, I went for a ten kilometer run. However, this was no ordinary run. Actually, it was a race. The race was on an obstacle course. The course was in the middle of the Iowa countryside. Everyone that raced got dirty because there was mud everywhere. To complete the obstacles, you had to run, climb and even swim through mud. Actually, I didn’t mind the mud as much as the cold. Even though it was kind of miserable to be wet and dirty, I felt a sense of accomplishment by finishing the race.

 五月中旬の寒い日に、私は10キロ走りました。しかし、これは、いつもの走りではありません。実は、レースでした。レースは、障害物のあるコースで行われました。コースは、アイオワ州の田園地帯の真ん中にありました。あちこちに、ぬかるみがあったので、参加した人はみんな泥だらけになりました。障害物を通り抜けるために、ぬかるみの中を走ったり、登ったり、泥の池を泳いだりすることも必要でした。実は、泥だらけになるのは、寒さほどには気になりませんでした。濡れたり、汚れたりするのは、情けないことでしたが、レースを終えることで達成感を感じました。

Collaborative Haiku Poem
– Ben Clark
– Japanese by Ben Clark and Nakamura Michiko
– Photo by Ben
Des Moines, Iowa アイオワ州デモイン市
ベン クラークさんは泥だらけになってコースを走り切りました。
(編集長 美智子)

Advertisements
This entry was posted in Haiku Poem. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s