教材


発話速度を調節するための教材を作りました。
これは既製品を真似て作っています。
材料費は200円です。
これは、一文字一マスで指を指したり、文節ごとに指をさしたりして使います。
発話速度が視覚的にフィードバックされるので有効的だと言われています。
話す速さが速く、呂律がまわりにくい人に使います。


Learning Aid

I have created a learning aid that helps to regulate speech flow. I paid 200 yen for the materials, and I tried to make it look like something commercially available.

In order to use it, you move your finger ahead one square for each syllable in a phrase. This sort of method is considered effective because it provides visual feedback on the pacing of the spoken word. It is used by people whose speech is to fast or too slow.


– Aya Miyata
– English by Chay Schiller

カメラロール-4730

This entry was posted in Daily Sketch, Health Genki. Bookmark the permalink.

0 Responses to 教材

  1. Dolce says:

    彩さん

    マスが6つですね。
    5つではなく6つである訳はなんでしょう?
    なぞなぞ

    美智子

    Like

  2. AyaMiyata says:

    美智子さん

    文節ごとに1マス指差す方法があり、長い文章でも使いやすいように6つにしました。また、これを使う方は手で持って使うことがあるので、長い方が使いやすいのではないかと考えました。

    Like

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s