SYSTEM OF HOSPITAL NO.7〜家族指導〜

私が働いている病院では
家族指導にも積極的に取り組んでいます。

脳卒中、肺炎、骨折などで、
心身の構造は変化し、その機能は低下します。
特に、高齢者はその影響が大きく、
生活に介助が必要になることも少なくありません。

私たちはそうした変化に対して、
どのような対応をすれば良いかを家族に伝達します。
また、病気が再発しないための方法も指導します。

医師は総合的な指導を患者に対して行いますが、
それぞれの専門職種からも指導が行われます。

たとえば、

看護師からは、吸引や経管栄養の管理など医療行為に関する指導
理学療法士や作業療法士からは、歩行やトイレなどの動作方法や介助方法
言語聴覚士からは食事摂取の注意点やコミュニケーションの取り方
栄養士からは食事内容や栄養面の工夫
薬剤師からは服薬に関する注意点

などが伝えられます。

病院の中で伝えられることは限られてはいます。
しかし、こうした家族指導を通じて、
退院後の生活を具体的に提案し、
健康な生活と、いきる楽しみを少しでも取り戻せるようにと思っています。

About UMIODA

~BIography~ 1986 福岡県北九州市 生誕 1999 北九州市立大蔵小学校  2002 北九州市立大蔵中学校  2005 福岡県立八幡高等学校  2009 県立広島大学 コミュニケーション障害学科 2009~ 横浜市で言語聴覚士として勤務中
This entry was posted in Daily Sketch, Health Genki. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s