医療川柳



秋風や優しく運んで自由な空へ

あきかぜ や やさしく はこんで じゆうな そら へ



朝晩が涼しくなってきました。
季節の変わり目は体調を崩す方が多く、重症の方も多いように感じます。
亡くなる方もいつもより多いです。
まるで冷たい風が命をさらって行くようです。


今日も、あらゆる手段を尽くしても、限界がきて、徐々に呼吸は減り、心拍も小さくなっていった患者さんがいました。
そんな時、声をかけたり手足をさすると、それに応えるように少し心拍が戻る気がしました。
そして命の火は吹き消されました。


病院から帰る時、冷たい風が吹いていました。
せめて優しく天国に運んでくれたらと願いました。

This entry was posted in Daily Sketch, Haiku Poem. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s