ネブ柳



芝刈り音四面楚歌とはこのことぞ

しばかり おと しめんそか とは この こと ぞ

陽子


竜巻無く芝刈り無しの冬いずこ

たつまき なく しばかり なし の ふゆ いずこ


ブーブーバタバタグオーと音が聞こえだすと「あつ、芝刈り時期のはじまり。夏がきた!」。
特に、週末になると近隣の家々総出で芝刈りというわけで、もう逃げられません、とは大袈裟ですが。

こうなると寒いけれど騒音の無い冬が妙に懐かしくなります。

お向かいのダンさんは85才、運動をかねてほとんど毎日芝刈り機を運転します。
なべて、若い世代は手押しの芝刈り機を使います。
時には、このダンナさん、手押しをお使いになった方がメタボにも良いのではと思う光景にも出会います。


芝刈り

This entry was posted in Daily Sketch, Haiku Poem. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s