みかの原〜〜

〜〜わきて流るる泉河 いつ見きとてか恋しかるらむ(作者 中納言兼輔)

 お正月恒例の百人一首のかるた取りでこの歌が流れると、いつも母の手が素早くのびていた事を思い出します。母の好きな歌で、その理由は、母は旧姓が泉だからと言っていました。

文庫本「百人一首」のなかにこの歌を見つけて懐かしんでいると、現代語訳に「みかの原を分けて流れる泉河 . . .」とあります。
わきては湧きて、で、加えて、下の句は「分かれても末に会わむとぞおもふ」であると思い込んでいた私はへーそうだったのと、ただ感心するばかりです。

この文庫本は索引が充実していて、上の句、下の句、どちらからも歌を見つける事が出来ますので、「わかれても末に . . .」の正しい上の句を探してみましたら、「瀬をはやみ岩にせかるる滝川の われてもすえにあはむとぞおもふ(しゅ徳院)で、更に、分かれてもではなく、われても であることがわかりました。

This entry was posted in Daily Sketch. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s