東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)





政府の福島第一原子力発電所事故調査・
検証委員会の委員として、原発を視察してきました。
『氷室』2011年8月号「瓢鮎抄」より






まつすぐに青田を分けて福島へ

まつすぐ に あおた を わけて ふくしま へ

Carving a path
between the rice paddies
to Fukushima.





ここからは人住めぬ町夏の草

ここから は ひと すめぬ まち なつ の くさ

Moving onwards
to a desolate town
and summer grass.





草茂るなかに残され牛の群

くさ しげる なか に のこされ うし の むれ

Left untended
in the thick wild grass
a herd of cows.





防護服装着練習冷房裡

ぼうごふく そうちゃく れんしゅう れいぼうり

A cold room
we practice wearing
hazmat suits.





ゴーグルの視界の坂や夏蕨

ゴーグル の しかい の さか や なつ わらび

Wearing goggles
a dimly seen hill
summer bracken.





原子炉の建屋へ歩む日の盛

げんしろ の おくや へ あゆむ ひ の さかり

Walking towards
the reactor’s outer shell
sun at full height.





線量計覗き込む汗乾きけり

せんりょうけい のぞきこむ あせ かわき けり

Geiger counter
as I notice the clicks
my sweat turns cold.





今年竹津波の跡にひるがへる

ことし たけ つなみ の あと に ひるがへる

Young bamboo flutter
in the land’s brutal scars
after the tsunami.

尾池和夫(おいけかずお) 


This entry was posted in Haiku Poem. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s